ユニフォーム

水戸ホーリーホック 2016新ユニフォーム

いつもブログをご覧いただき誠にありがとうございます!

今日紹介します商品は、水戸ホーリーホック ユニフォームです

水戸ホーリーホックは今年6月、成績不振により就任5年目の柱谷哲二監督を解任。ヘッドコーチから昇格した西ヶ谷隆之のもとでなんとかJ2残留を果たした。

ただ、天皇杯では3回戦において、鹿島アントラーズにPK戦ながら勝利。

同じ茨城県内の“ビッグクラブ”を相手に歴史的な初白星を手にしている(※続く4回戦でFC東京の前に0-2で敗退)。

Mito Hollyhock 2016 GAViC Home

mito-hollyhock-2016-gavic-kit

水戸の2016シーズンに向けた新ユニフォームは、伝統的な縦縞へ回帰。クラブカラーである青を基調に、珍しく白のピンストライプ柄を採用している。

サプライヤーのGAViC(ロイヤル)によるフォントに関しては、レアル・マドリーの2015-16モデルからインスピレーションを受けている気が・・・。

Mito Hollyhock 2016 GAViC Away

mito-hollyhock-2016-gavic-kit

アウェイ(2nd)は白を基調にしたデザインに戻ったが、2015モデルで話題を呼んだ偕楽園の「梅」を表すピンクをアクセントカラーとして配置。ドット柄に見える透かしももしかしたら梅の花などかもしれない。

騎士サッカーショップは激安通販日本最大級スーパーコピー専門店、様々なスポーツ用品を提供しています